2010年10月09日

DMP-BV200の機能と特長 その1


DMP-BV200の機能や特長についてご紹介します。

【4ダイバーアンテナ内蔵】

DMP-BV200は、本体に4本のアンテナを内蔵しています。
だから、アンテナケーブルをつながなくても、書斎や子供部屋、寝室、ダイニングなどの場所を問わず自由に持ち運んで地上デジタル放送を楽しめるんです。

しかも・・、もし受信感度が悪くて地上デジタル放送が視聴できない場合は、自動的にワンセグ放送に切り換わる優れものです!

【高精細液晶ディスプレイ搭載】
DMP-BV200には、10.1型のワイドSVGA(1024×600の高画素)高精細液晶ディスプレイを搭載しています。
だから、ブルーレイや地デジ楽しむ映画の字幕などもはっきり高画質映像で楽しめるんです。

【付属バッテリーで最長3時間30分再生】

DMP-BV200は、付属のバッテリーパックで、地上デジタル放送/ブルーレイディスクの映像を最長で約3時間30分連続で視聴可能です。
別売りのバッテリーパック(DY-DB100)を使用すれば、最長で約5時間30分の連続視聴も可能になります。


DMP-BV200の詳細はこちらから⇒⇒


posted by DMP-BV200 at 16:21| DMP-BV200の機能と特長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。